ピアノを弾くのが夢だった青年との思い出の曲

こんにちは、ゆめ花です。

今回は、アヴェマリアを弾いてみました。



 

この曲には、とても素敵な思い出があるのです。

私の話に何度も登場する中国生活の中で知り合った

青年との思い出です。

 

その青年は

こんな家に住んでいました。


家の中は電気も無く真っ暗で何もありませんでした。

そんな暮らしの中で、青年には

いつかピアノである曲が弾いてみたい。という夢がありました。

その曲が「アヴェマリア」でした。

この曲知ってる?と口笛で口ずさんだこの曲を

私が「知ってるよ、弾けるよ。」というと

目をキラキラさせて、教えて欲しいとお願いされました。

「もちろん、いいよ!」

 

少し開けた町の教会にピアノがあったので

人数を集めてピアノを教える事にしたのです。

 

「週1回、たくさん練習できるよ。」と伝えた時の

青年の顔。喜びで赤く染まっていたのを思い出します。

 

ピアノに触るのも弾くのも初めてなのに

週に1度のレッスンでメキメキ上手になり

ついに両手でスラスラ弾けるようになったのです。

 

「アヴェマリア」にはこんな思い出があるのでした。

 


 

今回、スマホのピアノアプリで

初心者の方にも無理なく弾けるように

優しくアレンジしてあります。

すき間時間などに弾いてみてくださいね。

 

それぞれの生活の中で好きな曲を弾いて、

幸せな気持ちになれるお手伝いができたら

とても嬉しいです。

 

★その他の曲はこちらからどうぞ♪



今日もお付き合いくださり
ありがとうございました。


スローライフランキング
 

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ