これは便利!100均家族用カレンダーで家計簿をつけてみた結果。

こんにちは。
シニア目前おひとりさま予備軍のゆめ花です。^^


 

家計簿ってつけていますか?

今日は、家計簿記帳がいつも3日坊主だった私が
毎日つけるのが楽しくなってもう半年も続けている
100均の家族用カレンダーを使った


100均カレンダー家計簿の術をご紹介します。

 

 

この100均カレンダー家計簿の術を実践すれば
誰かに自慢したくなる程お金の使い方が上手になり
そのうえ節約上手になれますよ。^^

それになんといっても軽く家計簿をつけただけなのに
溜まっていくお金を何に使おう~(^^♪ というワクワク感が
クセになります。^^

 

では、さっそく使い方を覗いてみましょう~。

 

(こんな感じの家族用のカレンダーを使いますよ。)


 

 

拡大するとこんな感じです。使いやすそうでしょう?

 

 

これをこんな風にして書き込みます。

 


 

成功させるポイント
 

1 家族5人用のカレンダーを使う。

2 項目は少なく大雑把につける。

3 カレンダーはいつも見えるところに貼っておく

 

理由は
5人家族用を使ったほうが
 書き込むスペースが多いので、何かと利用方法がある。

 

最初から細かくつけると面倒でやる気がなくなる。
 食費以外は手を抜くと気持ちが楽になる!

 

いつも目に入るので、さあ!つけようかな。という気持ちになる。
 家族のいる人は家族がいつでも観覧できる。← ここすごく大事。

 

 
成功する使い方
 

やり方はとてもシンプルです。

 

●食費はレシートの合計を、カレンダーの食費欄に書き込むだけ。
そして、次の日は前日の合計と合わせて計算するだけ。(赤い数字

すると月の最後の日には、1か月の食費の合計が見事に出てきます。

●食費以外に使ったお金はその他として大雑把に記入します。
この「その他の項目」は記入するだけです。計算はしません。
なんとなく見るだけにします。


●記入出来ない日はレシートをここに溜めておきます。

 


 

 

 

このゆるい管理がミソです。^^

 

普通ならレシートがたまった時点で挫折しそうですが
記入がラクだし楽しく出来るのでむしろ書きたい!衝動にかられます。
(記入しなくてごめんね~みたいな。笑)


 

そして私の場合、少し慣れてきたら
1週間ごとにさらっと見て、月~金までの食費を
使い過ぎたかなという週は

土、日にゼロ円で乗り切るぞ~という事も出来るようになりました。

そして最近では、記入が生活の1部になってきたので
「甘いもの費」という項目を増やしてみたんです。いや~恐るべし。
体重が減らない理由が「甘いもの費」の合計金額にはっきり写し出されています。

金額が大きいという事はそれだけ甘いものを食べてるって事ですよね。

 

ゆるい家計簿なのに、ここまで深い読みができるなんて・・・。
ダイエット中のあなたもおススメしたいです。^^

 
最後に
 

きっちりつけすぎて挫折した人も
面倒くさくて挫折した人も
これまで家計簿をつけた事がない人も
まずはこの100均家族用カレンダーで
ゆる~い家計簿にチャレンジしてみてくださいね。


 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ